| Home | Profile | オステオパシー | リコネクション | 子供のワーク | 遠隔 | セットコース |
| new! デスセッション | new! シンクロタイズセッション | new! バースセッション |

体験談:オステオパシー


*貴重な体験をシェアーしてくださり、ありがとうございます。


●日頃の無理がたたり、前からおかしいなと思っていた左肩がだんだん痛くなりました。
そしてとうとう腕をちょっと触っただけでも、風が吹いてもピリピリピリピリするようになり、首も回せない。少し回しただけでも痛い。
肩首が固まって病院に行っても何も変わらず。助けて…すがる思いでインターネットで調べました。
そしてこの山手研究所を見つけ、とても気になったので、施術をお願いしました。
この施術がどういうものか、まったくわかりませんでした。
実際は肩首だけでなく、丁寧に全身を見てくださる。足の先から頭まで。
からだの中が流れていく感じ。こんなところに滞りがあったのか。
少しずつ体が暖かくなってくる。施術後、首が少し回せるようになった。
これは何かあると感じたので、その日に回数券を買って何回か通うことに決めました。
2回目の時に忘れもしない、首の緊張がシュルシュルシュルシュル〜と外れていく感じがあって、首は完全に回るようになった。少し痛みは残ったけれど。すごい。腕の痛みピリピリは4回目の施術の時には全くなくなっていました。
その後も家族や仕事で問題が起きた時もサポートしていただき本当に助かっています。


●私はオステオパシーに通いはじめて、どれだけ体と心が癒されたか分かりません。先生の優しい施術と会話で涙がつい溢れてしまったこともあります。私の首の痛みは先生しか治せない。サーフィンで顎を怪我した時も病院より先にオステオパシーに駆け込んでしまいました。お陰で変な手術を受けずに済みました。
また施術中につい悩みの話になって先生から、ふっと頂いた前向きな言葉で解決のヒントが見つかったり。一年前に苦しい位の悩みがあって、その時も先生に大丈夫だって、優しい笑顔で背中を押して頂いた事が、本当に今いい方向に向いてるんです。思い出すだけで涙が出てきます。
大久保先生のオステオパシーは私の大切な場所です。


●大好きだった山登りに足が痛くてずっと登れなくて、でも仕方がないと諦めていたけれど。施術を受けていたら、いつの間にか、意識が薄れ、何とあの大好きな山に登っていました。そして気が付くと、ここは施術室。本当にすがすがしい気分で目覚めました。今までのうっぷんが払いのけられたような爽快感とともに帰宅することが出来て・・・面白い体験でしたね。45分の施術が8時間の山登りに匹敵するとは・・・しかも肉体の疲れはなく体は軽やかに、でも達成感と自然の中を歩く心地よさを感じながら家路に着きました。
もちろん足の痛みも大分とれて、すごい!


●何年か前、右腕がしびれて痛みが続いた時、近場の接骨院でマッサージを毎日15分ずつ受けてみたのですが、その時は軽くなっても夜には元に戻ってしまい、とうとう腕が全く上がらなくなる事態に(病院では異常が見当たりませんでした)。
オステオパシーを受けたところ、痛みの塊がとれたように帰りには楽になりそれから自然に治っていきました。はい。手はすっと上がるようになりました。


●肉体的なハードワークと冷えからくる、腰痛だったのか、腰がとても痛 く、身動きするのも億劫になるぐらい私にとっては、初めての経験でした。整形外科にいった方が良いのか、 色々悩みましたが、以前から「オステオパシー」という言葉は詳しくは解らないけど、目や耳にしてきたことから、何となく直感で山手研究所にお電話をしました。
その日は休診日で大久保さんが外出中との事でしたが、わざわざ調整して頂き帰宅後、看て頂きました。「オステオパシー」未体験だったので、痛みのある部分に刺激を与えたりする治療だったら嫌だな、と一抹の不安はあったものの・・それもベッドに横たわりわずかな時間で払拭されまし た。
今まで経験してきた、整体やカイロの様な感じではなく・・とにかく体に触れている感覚が柔らかく、軽いのです。指先は触れている感覚はあるのですが、本当に触れている感覚でした。多分、背骨のツボのあたりを上からバランス調整するといった感じで しょうか。
気がつくと、最初少しだけ緊張していた私の体は完全に力が抜けていて、脱力状態・・・完全にリラックスしていました。触れていた患部のあたりがポカポカして気持ちよくて、今思えばエネル ギー治療と思うのですが、半分寝ていたかもしれません。
肝心の歩くのが困難な程の腰の痛みはというと・・治療の 終わり頃には完全ではないけれど、かなりやわらいでいる事に気がつきました。あれ もう終わり?とちょっぴり名残惜し いような気持ち(笑)
治療が終わって、自宅に帰る時の道のりも足取り軽く、心も軽く、治療前の 苦痛に満ちた足どりで1時間前に同じ道を歩いていた事が信じられない気がしたのを今でも覚えています。
次の日は指示通りに大事をとっていましたが、もうあの痛みはあれから 出てきていません。
痛みの感覚すら忘れてしまった感じで不思議ですが、毎年、年末は何かしら体調を崩してダウンしている私でしたが、去年に関しては自然治癒力が増したのか?バランスがとれているのか? 口ではうまく伝えられないのですが、お陰様で今日に至るまでとても元気に過ごしています。


●私がこちらのオステオパシーを受けたきっかけは、友人たちから、「体だけでなく心にも効く!」「とにかく癒される!」と薦められたからです。施術を受けると、体の不調が改善されるだけではなく、心が軽くなり、嬉しくて顔がにやけてしまいます。
一度、ひどい捻挫をしてしまい、三日間寝たきりで過ごし、四日目、寝ていることに飽きた私は、オステを受けることにしました。
典子先生の「歩けない・・・という恐怖心が一番いらないのよね〜」という言葉を信じて歩いてみると・・・痛みもなく普通に歩けたのには、びっくりしました。その後、ニヤニヤしながら散歩したのを覚えています。
体の不調の原因は様々ですが、私の場合、エネルギーのバランスを整えるのが、改善の一番の近道なので、オステはとても有効な手段です。
また、心が不調な時にも、オステを受けながら典子先生とお話をすることで、癒されて元気になります。「それですべてOKです!」と言われると、不思議と「そっか〜」という気になってきます。
施術中、先生とは色々なお話をしますが、話したい事、聞きたい事を出し切ると、深い癒しに入ります。癒しに入るというのは、半分眠っているような状態になり、その間、様々なビジョンを見るのです。宇宙に小旅行したり、海の上で港の明かりを見ていたり、先日は薔薇十字軍(?)の騎士になって、草原に沈む夕日を眺めていました。ホンマかいな〜とも思いますが・・・。こうなってくると、オステオパシーを越えていますよね。 そして、ビジョンから覚めると、体も心も魂もすっかり癒されているのです。
私の体験談はこんな感じですが、とにかく癒されたい人は、ここにいらしゃ〜い!


●「安心」をいただく場所
大久保先生のオステオパシーと出会って何年になるでしょうか。
身体のどこかに痛みや違和感を感じると真っ先にお世話になる、私にとってのパワースポットです。
ドアを開けて、涼やかな「は〜い、こんにちは」という声で迎えられ、低いボリュームのヒーリングミュージックを聴きながら着替えを始めたときから、私の心身は一気に緩み始めます。
あとはひたすら、大久保先生が私に共鳴してくださっている安心感に包まれながら施術をしていただいています。
自然界のエネルギーと「私」がこんなにも響きあっているとは!
震災以降、先の見えない不安がひときわ強く感じられて、何もかもがどうでもよくなってしまいそうになる日もあります。
でもこの身体症状は、大きく変動しようとしている自然界が「私」に及ぼしている徴(しるし)という説明を施術のなかでしていただくと、「私」の身体への信頼感を持ち直すことができ、フーッと深く安心するのです。
安らぎの場所であり、力をいただいて帰る場所。これからもずっとお世話になります。


●2年前に発症した椎間板ヘルニアにより、腰と足の激痛で歩くことが困難になり病院では手術を勧められました。でも術後も再発することが多いと知り、怖くて悩んでいたら、友人からこちらを紹介されました。
手術以外の治療なら何でもトライしてみようと思っていたので、まずはと期待せずに来院。
接骨院のポキポキされるのは抵抗があったので、大久保先生の軽いマッサージや手を当てるだけの療法にとても癒されました。初回の帰り道は痛みは消えなかったものの、体は軽くなりました。
結局4〜5回通ったでしょうか。回を重ねるごとに痛みが小さくなっていき、発症当時は外出はおろか家の中でも歩きまわる事が苦痛で家事も満足にできなくて、もうこのまま歩けないままなのかも・・・とあきらめていたのが、駄目もとで初めに来院したオステオパシーで歩けるようになるなんて信じられない思いで一杯でした。
今では発症以前に通っていたダンスにも再び行くようになり、飛んだり跳ねたり出来ることが、本当に嬉しくて仕方がありません。
私は“オステオパシー”という存在を全く知らなくて半信半疑でしたが、実際に通って効果があることを実感できましたし、大久保先生に出会えて治していただいて、本当に感謝の気持ちで一杯です。お世話になりましてありがとうございました。


●私は趣味と実益を兼ねて、コサージュ創りをしていました。期日までに何十個と決められています。ある時、納め終わったら急に肩の様子がおかしくなりました。痛くて右手があがらず、寝返りも出来ません。急いで大久保先生のところへ伺いました。
最初は飛び上がる程痛かったのが何回かの治療でうそみたいに痛みがなくなりました。こんなに早く治るとは思っていませんでした。先生は肩は得意なんですと笑っておっしゃっていました。本当に嬉しかったです。ありがとうございました。


●母が施術中のお話しと体験したことを思い出し一息に話してくれました。

以下、母の発言です。
結局、何もなくならないのよね。
 施術中に「どうされましたか?」って聞いてくださるから
「大切な傘をなくしました」と言ったの。
傘を無くしたその日に、駅に行ったら、駅員さんに「ありません。」と言われたのね。
でも先生は「それは願えばかないますよ。ありますよ。」という話をしてくれたの。
先生、そうおっしゃったから、普通、あきらめちゃうのね、でももう一度行ったの。
そうしたらすぐに「ありますよ。」と言われた。
「どういうの?」とも言われずにすぐに言われた。
先生に「願うんですよ。」と言われたから…
そしたら本当に出てきたの。


●妊娠中、体が重く固くなって、いろんな事がわずらわしくなり、つらいときここに来るとホッとしました。
お腹がふわ〜とゆるんで、今まで静かだったお腹の子供が、ボンボン元気よく足を蹴り始めたりします。
今まで窮屈な思いをさせちゃったね。


●子供が欲しくて、2~3年不妊治療していましたが、なかなか妊娠できず、こちらを友人に紹介されて主人と一緒に先生の施術を受けました。すると1回の施術で、すぐに体温が上がり始め、あれ〜と思っているうちに3回目の施術の時には、妊娠を報告していました。こんなこともあるのですね。本当にありがとうございました。今までの苦労はなんだったのか。そのまま時々バランスをとってもらい無事に出産できました。出産時、簡単に生まれたのが驚きでした。


●出産後、今までなかった腰の痛みが出てきて、坐骨神経痛と病院でいわれたけれど、どうしても良くしたくて、初めてオステオパシーを受けてみることにしました。ここでは体全身みてくださいました。腰や足のみならず、色んなところまで出産後に固くなっていることを感じました。そしてそれが施術で溶けていくような感じでした。4回ほど施術していただいて、いつの間にか体が締まっています。もう今ではほとんど痛みはありません。


●以前は流産を繰り返していました。こちらに来て、また妊娠することができましたが、時々以前の事を思い出し不安で不安でたまらなくなり、再び施術をうけました。先生に掛けていただいた言葉に涙がこぼれて、一緒に重たいものがながれていく感じがしました。過去の自分の1部が出ていく感じです。そして帰るころには、何か自信みたいなものができて体も軽くなっていました。子供がいてからだは重いのですが、違うんですよね。日常の物事に対する姿勢も変わった。で、今度はちゃんと生まれました。しかも安産で・・・。


皆様の体験談ありがとうございます。


体験談:リコネクティブ・ヒーリング




*貴重な体験をシェアーしてくださり、ありがとうございます。

● ヒーリングの後、すぐに行きたかった海外の出張に、自分が選ばれて行けるようになりました。もう嬉しくて、エネルギーも湧いて出てくるし、現地で頑張ってきます。
しかも費用はすべて会社が出してくれるのでラッキー。でも出発が真近なので、焦ってます。展開早いですよ。

● 主人の頭痛が治って、顔も優しくなって帰ってきました。
おまけに主婦の仕事も手伝ってくれて・・・どうしたの?と思うくらいです。
何十年も一緒に暮らしているのに、こんなの初めてです。

● ”終わりです”と言われてびっくりして起きました。 一日ぐっすり寝た感じでした。最初、上から下へ何度も何かが流れていく。川の流れのように。そのうち起きるまでは完全に夢の中に入って、何かをしていた。
不調な右腹部がセッション終わった後もすごく反応している。終わらない。
中からカッカッカッカッしてくる。おもしろいよ。


● 大久保先生、ありがとうございました。帰り道膝の痛みが、ほとんどなくなっていました。
 今日はうれしいニュースがありましたので、ご報告したくてメールしました。
30年近く詩を書いてきたのに、賞に応募したことがありませんでした。外に出るのが怖かったのだと思います。
今年初めていくつかの賞に応募したところ、賞をいただけました。その知らせが、今日、郵便受けに届いていました。その調子でやっていこうねと言われたようで、嬉しかったです。
もう一つうれしかったのは、母にはがきをかけたことです。今まで言葉がみつからず、簡単な挨拶状も書けませんでしたが、お元気ですか?と書くことができました。先生、ありがとうございました!

 

● ヒーリングが始まった途端、泣き出していました。ずーっとヒーリングが終わるまで。
お腹がすごく暖かくなって、フワフワしている感じ。心地いいような、球体の羊水の中にいるような感覚でした。赤ちゃんの時のような、心地良かった。満たされた感覚。
そして母に対しての想いを見つけた。母は“母性愛が無い” “自分の感情を優先する“ “可愛がってくれなかった“ “優しくしてくれなかった“ “大人げない”
私の中にわだかまっていた、たくさんの“こども”の心を見つけた。

次に母に対して感謝する気持ちが出て来た。不器用だけど愛情があった。何故だかわからないけど、母なりの事情がわかった。母なりに私を想っていてくれたことに気づき涙がこみ上げて来た。それでセッション中、ずっとずっと泣いてしまった。
この世に生み出してくれた人に実は愛されていたのだと気づき、満たされた気持ちになった。

「アべマリア」の曲が自分の内から聞こえて来た(施術室には音楽は、かかっていなかったけれど)。次は私が誰かに母性を与える番だと…自分の中も母性がたくさんあふれ出てくれば良いと気づけた。マリア様は自分の中にあると感じた。
たくさんの体験があったのに、あれがたった30分のヒーリングだったとは・・・。


● グルグルお腹がなってきた。特に何が見えるというのではないが、両踵がすごく熱くなって、それがヒーリングが終わってからもずっと続く。こんな事は初めてで・・・オステオパシーの施術の時もなかった。今まで私は、不思議という言葉をあまり使わないが言いたくなる。そして、とにかくとにかく心地よい。
私は死にたいくらい辛くて、毎日悪いことしか考えられなかった。たくさんの辛い苦しい体験もしたし、自分がこれからしたいことも、わからない。でも最近、苦しみではなく心静かに穏やかに過ごしたいと考え始めだした。
でもそれがどんな感じかわからなかった。先生とこの感覚についてお話ししていたが、何故か急にヒーリングを受けてみたくなり、体験した。”そう、これか〜!!!” この感覚を知りたかったんだと思った。
自分で与えるご褒美が、さらに自分に還ってくるってこういうことか。
自分の知りたいことを自分が教えてくれるって、これなんだ。大きな収穫の1日ですよ。本当に感謝しています。


● 施術中は、あまりよく覚えていないのですが頭が無意識に動いていたと思います。終わったあとは、頭がとてもクリアになり頭の中のスペースが空いたような感じがしました。そして、家の中の不要な物が気になり、ポリ袋1つ分ずつせっせと出していきました。
先生に初めてお世話になってからもう10年以上たちます。足繁く通ったり、時々駆け込み寺のように行ったりとマイペース患者ですが、私にとってHeartlight山手研究所は「何かのときはあそこにいけば」と心のよりどころになっていると思います。


● ヒーリング中、何もわからなかった。先生にずっとお腹がグルグル鳴っていましたよと言われて。そうだったと気がつく。私は鈍感だと思っている。
でも家に帰ると、ネガティブな感情が次から次へと出てきた。こんなにもっていたのか、そして勝手に解放しているのかな。うまく表現できないが。
そのあとの変化としては最近、友達との会話の内容が変化している、より親しく深い話になっている、人と会話するのがとても苦手だったけど、話してみると結構楽しい。え〜これも私なんですね。また、気軽に付き合えるような方と出会うことが多くなりました。人との会話が楽になって来ましたよ。


● 診療ベッドに横たわり大久保さんの手が私の 体に触れるのではなく、上で動いている感覚です。目は閉じているので、わからないのですが、体の表面にあたたかなエネルギーの波が力強く押し寄せるという感覚で、私はただリラックスしてその場に体を委ねている状態です。
ただその間にも自分の脳裏にはときおり映像が飛び込んできたりします。しばらく、その状態が続き私は深いリラックスに入っていました。
ヒーリングが終了すると軽くカウンセリングをします。私は一番、脳裏に残っていた映像を伝えました。「イエス・キリスト」 と。実際その映像を見る事で高次のエネルギーに繋がったと実証すべきもの はないのですが・・リコネクティブヒーリングを受ける前に「その人に必要なヒーリングが 起こるので、期待している事が起こる事や何が起こるかわからない」「効果を期待せず、ただ受け取る&観察する」と言っていたのでただそのプロセスを見守る事にしました。
ただその時の私は精神的にややぶれていた時期でもあったので、「今の状態から早く抜け出したい」という欲求は正直ありました。
その後のプロセスは、緩やかに変容している自分に気づいています。い ままで覆い隠してきた「自分自身」を生きるという光にやっと気づいて歩き始めた感じでしょうか。目の前の視界が広 がり波に乗っている感覚があります。また、受けてみたいと思っています。


● 頭がつらくてつらくてヒーリングお願いしました。最初、からだがビリビリしている感覚がでてきて、手は触れられているわけではないのに、どこにあるのかがわかりました。
突然左からガガガガ…とすぐそばで道路工事をしているような大きな騒音が鳴り響いてきました。あとで先生にお聞きしたところ、何も工事などしてなくて、静かだったと言われ、びっくり。
でも頭の左側全体がヒーリング前は重くつらく痛かったのに、左側は、すっごく軽くなっていて、身も心も軽くなりました。そんなことがあるのかと、うれしくてスキップしたいくらいでした。こんな短時間にいろんな体験があって、楽しかったです。ありがとうございました。


● 最初のカウンセリングの時間は、先生の温かい相づちが嬉しかったです。
当時、どうしたら解決できるのか、全く先の見えない問題にぶち当たっていて、こんな悩みをお話しして申し訳ないと思いながらも、先生がただひたすら聞いて下さり、心の内をお話しする事ができました。しばらくお話しするうちに、ずっと昔から、多分子供の頃から心の奥に抱えてきた、石ころのような不安が思い出されてきました。こんな事お話ししていいのかしら、と迷いつつ、打ち明けると、先生はそれも笑顔で聞いて下さいました。
施術台に横になると、私の体は勝手に動き出していきました。
まず手首がぐるぐる回り始め、肩がまわり、足首もぐるぐる回り出しました。その後は眠ってしまったのかよく覚えていないのですが、先生にお聞きするところ、脚やなにや、たくさん動いていたそうです。
施術中は気持ちよく、ふわぁっと何かに包まれているようで、深く眠っていたようです。時々ふと気が付くと先生の手が、大きな光りのようにな手になって、私に触れているように感じました。
大きな輪郭のないピンク紫色の光りが、天井のほうから降りて来て、私を包みました。
その光りを見ていると波のようにうねったり、色が変化したりしました。
遠くでオルゴールのようなかすかな音が聞こえました。
終わると、体も心もふわふわに柔らかくなって、生まれたてのような、溶けてしまいそうな心地よさがありました。
その後も色々な変化がありました。身体では、下痢が続き、すっきりしました。
疲れも、以前より感じなくなり、もうひと頑張りが出来るようになりました。(震災後はパワーダウンしているみたいですが…)
当日の帰り道、無性に絵が描きたくなり、画材を買って帰りました。
その他には、探しものが、目の前にあらわれたりしました。
就職は、希望していたところに断られましたが、その後ひょんなきっかけで、条件も環境も良い職場に就くことができました。
たくさんの「ついてるな」という体験を繰り返すうちに、自分のする選択に自信がついてきて、何をしていても、これでいいんだと思えるようになりました。
いつもそういう状態にはなれなくて、でも、自分の中にある石ころみたいな不安が、自分の行く手を邪魔してるんだなぁとわかってきました。
「それでいいんですよ。大丈夫!」という先生の言葉を時々思い出して、自分に言い聞かせています。いつか石っころを、ぽいっと捨てたいです。
それから、自分が災難だと思っていた問題は、実は自分の中に原因があると思い当たりました。中々自分を変えるのは難しいですが、そんな自分の醜さを知る事で、少しずつ問題が解決されていきました。
大久保先生の研究所に通わせて頂いて、人としてステップアップできたように感じています。
先生には、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。


*体験は、本当にすばらしいですね。その方に必要なことがおきます。
これからセッションを受けられる方もぜひ何も期待せず、ご自分の大いなる力に委ねてください。
すぐに変化や何かを感じる方や、その場では感じられない方もいらっしゃいます。
ゆっくり変化することもあるでしょう。自分のタイミングを許し愛し委ねて下さいね。
ありがとうございます。
 




体験談:遠隔ヒーリング


*貴重な体験をシェアーしてくださり、ありがとうございます。

● 子供の熱がなかなか下がらず、高熱を出し病院へ緊急入院。
「肺炎で今日の夜がやま場です。」と医師に告げられたので、ここは遠隔ヒーリングをお願いしようと心に決めました。それで先生に相談して、ヒーリングをお願いしました。

しばらくして病室の子供の様子を伺うと、顔色も変わり、穏やかになってきました。また熱を計ってみると下がっています。あっという間の出来事です。翌日の朝から、子供は元気になり、面会に来てくれた家族と普通に楽しく起き上がって会話をしていました。まったく〜。苦しそうだった昨日と大違い。もしかしたら死んでしまうかもしれないと、家族みんなで心配し、大騒ぎしていた昨日を、今日はみんなで笑い会えて、よかったよかった。早く退院できたことも。ありがたいありがたい。本当に助かりました。困った時、またお願いします。

追伸:息子が “昨日、辛くて横になっていたら、先生がここに来てくれたよ。”って話してくれました。思わず「そうだったの。よかったね。」といいました。いらっしゃいましたか?ふふふ。子供の感性は本当におもしろいですね。


● 頭がものすごく割れるように痛くて、普通ならオステオパシーの施術をしていただくところですが、とてもじゃないけれど行けません。病院も思いましたが、ヒーリングがいいと感じました。それで必死に電話をして遠隔をお願いし、そのまま寝込んでいました。
 
でも体がガ~ッと熱くなってきて、目が覚めました。ふと時計を見ると、ヒーリングの予約をした時間でした。首から頭から何かがスルスルっと流れて出ていく感じでした。溶けていく?次に頭・肩・背中・お腹がふわっととしていきます。触られていないのに変化していく、そして “あっ、今終了した…” というのも感じました。

その後ぐっすり寝てしまって,ふと気づくと朝です。
何でもない。まったくどこも痛くなくて、もう嬉しかったですよ。遠隔恐るべし!


●母は長い間、闘病をしていました。とてもいい先生がいるからと、大久保先生の事も伝えましたが、遠い事と母自身が信じて続けていた治療もあり、私も強くは薦めきれずにいました。

母は思った事をそのまま口にする気の強い人でした。そのため、私は実家に足が向かず、子供たちだけを行かせたりしながら、たまに会うたびに、母が弱っていることには気がついていました。
今年の正月に、両親と兄一家、我が家の3家族で旅行に行きました。明け方、母が苦しいと言い出し、救急車で掛かり付けの病院に運びました。医師にはいつ心臓が止まってもおかしくない状態だと言われました。
私は驚き、遠隔ヒーリングの事がすぐに頭に浮かびました。でも、お願いする決心がなかなかつきませんでした。

その後私自身が身体や心がまいってきて、施術をしていただきました。施術中に母の話しを聞いて頂き、帰り際に遠隔ヒーリングをお願いしました。先生には「新しい関係を楽しみにして下さいね」と言って頂きました。
その頃から、私の心の中で、小さい頃から母にしてもらった沢山の事が思い出され、母への感謝の気持ちでいっぱいになりました。母の言葉や感情に傷ついて、母の行為が見えていなかったことに気付きました。その後病院の計らいで、母は自宅に戻りました。私が料理を持参し、世話をするたびに、母は何度も「ありがとう」と言い、「娘を産んで良かった」と言ってくれました。私を出産する時に輸血して罹患したのですから、複雑な気持ちではありしたが、とても嬉しかったです。

その後、母は末期がんにもかかわらず、痛みなく過ごす事ができました。最後の日には痛みがきて、モルヒネをうち、意識がなくなりました。母と二人きりで病室にいたので、昔母がうたってくれた歌を歌ったりしていました。母の目は上にひっくりかえって、ほとんど白眼になっていました。私は、母の魂が楽に身体から抜けられる事を祈っていました。
夜遅くなり、父に子供たちが待っているから、家に帰るようにと言われました。私はその夜が危ない気がしたので、後ろ髪を引かれましたが、帰ることにし、もう一度母の顔を覗きこみました。すると母の左目がまっすぐにこちらを見ていました。体は動かすことはできないけれど、声も出せないけれど、意識はあるようでした。
悲しげに潤んでいる母の左目を見つめながら、「よく頑張ったね。えらかったね。(以前亡くなった)おじいちゃんもおばちゃんもいるから大丈夫だよ。ありがとう。感謝してるよ。ありがとう。」と声をかけました。母の表情は弛み、うれし涙に変わったように見えました。その夜、母は他界しました。意識は戻らなかったと父に聞きました。

私は最期に母ときちんとお別れが出来たことに感謝しています。年々縁遠くなっていった母娘でしたが、ヒーリングのおかげで新しい温かい関係を築くことができました。今は呼べばいつでも側に来てくれるように感じています。本当にありがとうございました。

もうひとつ余談ですが…
私は保育園で働いています。一年近くたってもどうしても慣れてくれない、というか、私を嫌がる1才の女子がいました。何をしたわけでもないのに、嫌がられるたびに、気持ちがふさぎました。ところが私が母へのしこりがとれたとたん、その子がなついてくれました。私の何を見られていたのかしら、と不思議です。今では、私がいないと泣くほどに近しくなりました。赤ちゃんにはいろんなもの見えちゃうんだなぁ。清くあらねばなぁと痛感しております。
母への遠隔ヒーリングでしたが、私自身が、人生が変わるほどの体験させて頂きました。本当にありがとうございました。

 

体験談:子供のワーク オステオパシー


*貴重な体験をシェアーしてくださり、ありがとうございます。



●高校生

バスケ・野球・サッカー・水泳と毎日スポーツをしていたが、練習のし過ぎで、腰が痛くなり、

左側の腰が石のように硬くなっていた。病院に行っても、背中のマッサージを受けても、全然痛みが取れず、母からここに行ったらどうかと勧められ、施術を受けました。

するとやさしいタッチでお腹の施術中に、フワッと何かが変わった。

先生に“体の前の方の筋肉も緩んでくれたよ。”と言われ、その後、爆睡してしまった。

1回受けただけなのに、あれだけ痛かった腰が大分楽になり、背中の石のような塊も柔ら

かくなっていて、びっくり。後ろだけが硬かったわけではなかったようです。

2回目の施術後、もうほとんど何不自由なく普通に痛くなく動けるようになりました。





●小学生

僕が、初めてオステオパシーの施術を受けるきっかけとなったのは、小学校3年生の時、

体育の授業で台上前転をして、首を捻挫してしまった時でした。

僕がオステオパシーを受けると、首だけでなく、くずれていた体全体のエネルギーのバランスが取り戻されるような感じで、驚くほど気持ちよくなります。また、典子先生とお話しすることで、自分の中にたまっているものを出し切ることができ、日ごろの不安がなくなり、すっきりした気分になります。

典子先生とお話しするのも、楽しみの一つです。僕は、典子先生の施術には、すごいヒーリング効果があると思います。疲れたときや体に不調があるときは、また受けに行きたいです。





●小学生の息子に聞いてみました。

”くすぐったくて、ちょっと痛いけど気持ちいい。

疲れがぐっと出た感じで、爆睡した事がよくある。

終わった後すぐは、あんまり気持ちよくないけど、ちょっとするとすごく気持ちいい。

サッカーとかして足が痛くなった時や、疲れてる時にまた行きたくなる。”





●中学生

すぐ寝ちゃう。施術してもらっている間に現実か夢かわからなくなり、まるで宇宙にいるかのようにフワフワしてきて、体が楽になる。“ほわ〜ん”とする。空間の中でいろいろなものが見えてくる。

誰にも言わなかったけど、過去が見えて来たり、未来の自分が見えて来たり、しかもいろんな自分の未来は1つではないんだ。気持ちよくなって寝ていると見えてくる。

家では見えないんだけれど、ここだと感じる。

学校や家で辛かった時、ここは安心できて何度も助けてもらった。





あまりお話しをしないお子さんたちも、そんな風に感じられていたのですね。私も初めて知りました。

体験談ありがとうございます。

体験談:呼吸と気功


*貴重な体験をシェアーしてくださり、ありがとうございます。



●”ハッ”と息を吐き出すとき、今までのイライラが吹っ飛んで、スカッとしました。

自宅でもやります。



●子育てに追われて、この自分だけのゆったりとした豊かな時は本当にありがたい。



●体の硬いところ動く可動域の違いをはっきり知りました。

でも動いた後左右の動き方が前よりバランスとれてきました。



●先生に教わった足から吸い上げる呼吸をしていたら、以前はちょくちょく起きては

トイレにいっていたのに、ぐっすり朝まで寝れるようになりましたよ。

| 1/1PAGES |